« 【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その3 | トップページ | 【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その5 »

【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その4

もう少し続きます。

T1603059

久々に登場の埋設標を見ると、L4区間からL5区間を飛び越しL6区間に入っていました。

L区間の切り替わりには、ローディングハットなどの中継施設がありそうなのですが、ちょっと見当たりませんでしたね・・・。

1603111

「曲点」の埋設標柱。
ここでケーブルを曲げて敷設しているはずですが・・・。

この先、この曲点の標柱が点々と現れます。

1603112

大平台分岐点。
ここで見失うかと思いましたが、とりあえず直進し浅間山方面へ。

1603113

まだまだありました。
こちらは“曲点”の標柱。

1603114

そして、浅間山手前の曲点標柱。
倒れて傾いていました。

1603115

浅間山(標高:804m)
元々は下鷹巣山と呼ばれていましたが、浅間神社を中腹に祀ったことから、浅間山と呼ばれるようになりました。

1603117

ここから下り道、鷹巣山方面へと向かうこととなるのですが・・・。

(あと一回続く)

« 【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その3 | トップページ | 【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その5 »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/190661/63331728

この記事へのトラックバック一覧です: 【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その4:

« 【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その3 | トップページ | 【散策】箱根湯坂路へ昭和初期電話ケーブル跡を探しに・その5 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Twitter

無料ブログはココログ